カテゴリー
パナシ

40,お世話になったから

口のきけない物ほど大事にしなきゃ

 ある雑誌記者の方が、田舎の実家に帰られたとき、お母さんの履いていた足袋があまり古いので「母さん、もうその足袋やめたら?」と言うと「そうかい?…そうだねぇ。」


 次の日、針と糸で縫い物をしている母親を見て「何を縫っているの?」と聞くと「昨日の足袋だよ。」「だって捨てるんじゃないの?」「この足袋にはお世話になったからね、寒いときも足を温かく守ってくれたし、最後まで大事にしてやらないと罰が当たるよ。」


 聞けば母は、洗濯して、切れたところを縫ってから納める(捨てる)という。
「もったいない」「もったいない」と言う母の、たかが足袋に 「お世話になったからね、最後まで大事にしてやらないと罰が当たるよ。」その言葉が頭から離れなかったと言います。

 私たちは、たまたま人間として生まれただけであって、ひょっとしたら虫や植物や床を拭く雑巾だったかもしれません。一人では生きていけません。
 手で床は、拭けません。手で字は、書けません。手で縫い物は、できません。お腹が減っても手は、食べられません。 いろいろな物にお世話になっているんですね。

自転車屋さんに、パンク修理を頼みに行ったとき、そこのおじさんに同じようなことを言われました。

「お客さん、こんなに汚くしてちゃ自転車が泣いてるよ。たまには掃除してやんなきゃダメだよ。自転車は、何も言わないけど、口のきけないものほど大事にしてやらなきゃ罰が当たるよ。こいつにも心があるんだよ。」

物には形あり、形あるものには命あり、命あるものには心あり。」

 二つの事が、ボディブローのように効いてきました。これからは、自分がもしその物や人だったら…と考えて「身の回りの物(友達もそうだ)を大事にしよう!」そんな気持ちになりました。   

私も、今年になってやっと咲けたの。見てくれるだけでうれしいわ。紫色のチューリップ

産直旬ギフト
◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

伸びすぎた葉牡丹 ああ自由に伸びられて幸せ、極楽、極楽

レディーストップページ   

作成者: パナシ

雑学大好き、何でもやりっぱなしが多い。

「40,お世話になったから」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です