カテゴリー
パナシ

251,子どもの発想

 近所の子供たちが遊んでいる。聞くとは無しに耳に入ってきたことで、思わず「ふふふ…」としてしまうことがある。子供の発想は自由でいい。

みんな元気で良いね

●「クイズ出すよ。」
「うん良いよ。」
「食べられないパンは?」…

「分かった。フライパン!」
「違うよ。カビの生えたパンだよ。」

「ずるいよ、そんなの。」

●中国から来た友達から
「『ダメ、やっちゃいけない』は、中国語で『不行(ブーシン)』というんだよ」と教わった子は、やたら『プーチン』と言って、友達を注意していた。

●「イギリスのジョンソン前首相の髪型って面白いよね。いつも寝起きのようで、何という髪型なんだろうね?」
「あれが流行ったら楽で良いよなあ。」

●「この前ねえ、若い女の先生に『先生、鼻くそ付いてますよ。』って教えてあげたら、真っ赤になってトイレに行っちゃった。
僕なんかいつも舐めているから平気なのに。ちょっとショッパイよね。」
「うん、私のは、ちょっと甘いよ。」

僕のはイチゴ味だよ

●「お母さんがね、買って来た魚を養殖物と言っていたけど、魚より人間の方がもっと養殖ものだよね。」
「うん、天然育ちの人間なんてないものね。」
すると他の子が「えっ?魚料理って和食じゃないの?」
「洋食だってあるんだよ。」…
何か、話の食い違う子ども達でした。

●白い半紙に墨で「ぷーさん」って書いたら、風で裏返って「ぷーちん」になっちゃった。

●夜遅く、笛の練習をしている子がいた。母親が「近所迷惑でしょ?うるさいから止めなさい!」
「分かった。」
…暫くしても止めないので、見に行ったら「お母さん、僕耳栓しているから大丈夫だよ。」
「まあ、この子は…」

●「お母さん、見て!」
「はい、はい…えっあなたどうしたの?その顔は?」
「先生が緑色の植物は、食事をしなくても太陽の光に当たると栄養を作るって言っていたから、本当かどうか試そうと思って、緑の絵の具で顔を塗ったんだよ。」
「まあ…今日の昼は抜きね。ずっと外で太陽に当たっていなさい。」

●親子で川辺を散歩していたら、子どもが
「お父さん、あの看板見て!フフフ、ハハハ」
「何がおかしいんだ。…『ウコン売ります』だろう?」
「エッ?『ウコン』か、僕は『ウ〇コ』かと思ったよ。」
「そう言うのを早とちりって言うんだよ。」
「でも、『ウコン』って何?そんなのあるの?」…。

これがウコンだよ

元素記号の勉強
「鈴木、亜鉛は?」「Znです。」
「木村,銅?」「Cu。」
「田中、鉄?」「ええっと…Fe。」…
「金?玉田」…「先生、止めてください。」
「えっ?何が?」
周りは、大きな笑いが…気が付かないのは先生ばかり…

先生、わざと狙ったの?

https://aff-partner.i-mobile.co.jp/qr.ashx?qrurl=https%3a%2f%2faff.i-mobile.co.jp%2fad_link.ashx%3fpid%3d60807%26advid%3d46447%26psid%3d46660
(英会話教室)←詳しくはこちらをクリック

epark
プレゼントに最適!「カメラのキタムラ」フォトブック


作成者: パナシ

雑学大好き、何でもやりっぱなしが多い。

「251,子どもの発想」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です