カテゴリー
パナシ

269,いい夢

良い夢か

「昨日さあ、二車線の道路を走っていたら、ぱっと見で、ものすごい綺麗な女の子が俺の車を抜いていったんだよ。」

「へえ、でも、よくある話じゃん?」

「彼女、サングラスしててさあ、一目見たら、みんな釘付けになりそうなほど綺麗なんだよ。細面で薄い唇。」

「本当か?タレントみたいだな。」…

「そしたら彼女のその車、いつの間にか俺の前に入ってきてたんだよ。」

「やったじゃん。」

「しばらく彼女の後ろ姿を眺めながら、どうやって声をかけようかとか、いろいろ考えながら走っていたら、猫が急に飛び出してきて、彼女の車を横切って行ったんだ。

『あっ!』と俺もビックリしたよ。
その瞬間に彼女は急ブレーキをかけたんだよ。」

「ありゃあ、猫は、大丈夫だったのか?」

「あまりスピード出してなかったから、猫は大丈夫だったけど、俺の車が彼女の車にコツン。」

「あれ、まあ、それで?」

「高そうな車だったし、
『こりゃ大変なことになったなあ。どうしたらいいかなあ。』と思ってしばらく動けなかったよ。
気を取り戻して、車を止めて、降りて、停車している彼女に謝りに行ったんだ。」

「当然だよな。」

「そしたら、びっくりしたなあ…」

「何が?」

「いいかよく聞けよ!…彼女、腰から下は何もつけていなかったんだよ。」

「えっ?スッポンポン?」

「そう、丸見え状態。」

「ええっ、いいなあ。」…

「こっちの方が恥ずかしくなってさあ、目をそらしながら、窓をノックし

『すみません、ちょっと車を当ててしまいました。すみません。警察呼びましょうか?』

彼女は『大丈夫ですよ。気にしないでください。』というので

俺は『すみません。ありがとうございます。』というのが精一杯で、
どうしていいのか迷いながら自分の車に戻ったんだ。

スッポン坊や

そしたら彼女は、車線を変更し、逃げるように走り去って行ったんだよ。」

「警察を呼ばれても困ったんだろうなあ、外に出られないし、公然わいせつ罪?に近いからなあ。…だけど、お前、好い体験したよなあ。羨ましいよ。」

「うん、そんな夢を昨夜見たんだよ。」

と、学生時代に友が言っていたのをふと思い出した。

「好い夢か?そのうち見られるかなあ?」

妖怪だったんじゃないの?
詳しくはこちらから→カメラのキタムラ ネットショップ
詳しくはこちらから→お名前.com




 

作成者: パナシ

雑学大好き、何でもやりっぱなしが多い。

「269,いい夢」への1件の返信

[…] 251,子どもの発想   252,才有る者は… 253,悲しみには…254,都会?田舎?   255,学ぶということ  256,加減257,障碍者を狙う?   258,3% 259,政治蚊260,微笑む話    261,教訓を生かそう   262,良い風景と人263,ダンゴムシ   264,呼吸と健康     265,採血を楽しむ266,二六二の原理  267,時々名言を聞く   268,自律と自立と自〇269,いい夢 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です