カテゴリー
パナシ

355,仕掛け学

「おい、田中、『仕掛け学』って知ってるか?」

「課長、何ですか?それって?」

「昨日、会社の帰り、本屋で『仕掛け学』って本があったので、ちょっとめくってみたら、これが面白いんだよ…、思わず買っちゃったよ。」

「そうなんですか。」

「お前、テンションが低いなあ。家でなんかあったのか?
ちょっと付き合うつもりで聞いてくれよ。」

「ちょっとだけですよ。課長。」

「例えばだな、コンビニの床に足跡が描いてあると、そこに並びたくなるだろう?」

「そうですね。」

「命令や指図がなくても自然としたくなる工夫というか仕掛けが、身の回りに結構あるだろう?
それを研究している人がいるんだよ。」

「面白い切り口ですね。海外の研究者ですか?」

「それが、日本人何だよ。それも魅かれたんだけどね。」

「他には、どんなものがあるんですか?」


「詳しくは、この本を読んで見れば分かるけど、いくつか挙げるとだな…

・コンビニのレジ前に足跡マークを書いておくと、会計したい客はそこに並ぶ。

・デパートの入り口に真実の口(ローマ)を置くと、口に手を入れると消毒液。


・押しボタン式信号 ない所より信号無視が少ない。

押すと人は、自分が推したから待っていられる。



・男子トイレの便器の真ん中にアーチェリーの的の絵。飛び散りが減った。


・ごみ入れをバスケットボールの籠に。


・サンダルに絵。両方揃えるとちゃんとした絵に。


・中国や台湾の信号機には、カウントダウンの表示があり。


・パンの試食、AとB、刺した楊子が捨てられないように、どちらがおいしかったか、その楊子を刺すボードを用意。アンケートを取ったような効果もあり、ごみも少なくなった。


・山と谷の線で道路の真ん中が低く見える錯視を利用した道路標示。はみだし事故が無くなった。

など…。

「おい、田中、うちの会社でも何か仕掛けられることはないか?」

「そうですね。」

「人間の頭は、生きている時しか使えないんだから、しっかり考えろ。
特にお前は、今まであんまり使って来てないようだから活用の価値はあるぞ。」

「課長、誉めてんですか?けなしてんですか?」

「伸びしろがあるって、誉めているに決まってんだろ。」

「課長、その本ちょっと見せてくれますか?」

「ああ、いいよ。貸してもいいけど、自分で買ったらどうだ?」

「はい」

参考:「人を動かすアイデアのつくり方」東洋経済新報社 松村真宏

作成者: パナシ

雑学大好き、何でもやりっぱなしが多い。

「355,仕掛け学」への2件の返信

[…] 351,AIを考える 352,大川署長353,スバルの漢字は? 354,なぜ縞模様?355,仕掛け学 356,みんな夢の中357,枝豆   358,上の階の音359,またやっちゃった  360,反対だよ361,総論賛成各論反対  362,葬儀の変化363,ハハハ   364,崩れるサルの村365,まさか?そんな? 366,鶏と卵367,橋本大輝選手 368,気づき、意欲369,車のナンバー  370,人は、化ける […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です