カテゴリー
パナシ

351,AIを考える

ある会合で「AI」のことが話題になりました。出てきたものを順不同で書いてみました。参考にしてください。
①AIは、もう人間を超えてしまっている分野もある。物流・倉庫管理 建築業界 自動運転 海洋研究 飛行機・鉄道輸送 そして芸術分野の発想・想像力 教育関係 囲碁や将棋の世界 スポーツトレーニングetc
②AIは、色々考えることはできても、作ることはできない。(冷蔵庫のの食材で何を作れるかは考えられても、実際に料理は作れない。)
③言語変換機のようなAIができたらいいなあ。外国語の学習がもっと楽になる。ただし、文化等の深まりは無くなるが。
④AIを使うつもりが、AIに人が使われるようになる。
ファミレスなどに行くと、全てパネル操作で、人との触れ合いが無くなってきている。料理を運ぶのもロボットが。
店員さんに「あなたは本当によくできたロボットですね」と冗談を言うと、笑って返してくれますね。それも現実のものとなるでしょう。
⑤人類が向かうのは、何処なのか?
AIとの共存で分かって来るのではないか?
以前に見た外国のマンガに、こんなのがありました。人が使わない部位は退化していくので、最終的には、芋虫のようなプヨプヨの生き物が人間、というのがあったが、そうかもしれない。


⑥人は、普段使っているのは脳の3%程度、それ以上使ったらからだの機能が壊れてしまう。脳の過度な命令についていけないのである。長い間にそのように進化してきてしまったので。
(参考:メニュー12,AI(人工知能)を埋める?
⑦原子力発電所で出た処理物など他の衛星や惑星に持っていけない?技術的には可能。
これもAIの想定内のことでしょう。
⑧発展途上国の人々がみんな快適で文化的な生活をしたら、エネルギーも沢山使うだろうから、地球は益々ヒートアップするだろう。「地球は沸騰する」は、現実問題。AIさんに考えてもらいましょう。
⑨AIを政治や裁判に利用したら、物の善悪をはっきり示してくれるだろう。AIには、私利私欲、忖度などないだろうから。ただし、完全に人の介入を遮断しなければ意味がない。
⑩AI、クーロン、遺伝子操作で優秀な人間集団、美的な人間集団、屈強な兵士集団なども理論的には可能。神の領域をどこまで緩くできるかの問題?
⑪論文や作文など学校では禁止と言っているが、実際には歯止めは難しいだろう。個人作品なのか,AI作品なのか判定するのが出来ないだろう。しかも、実社会ではどんどん使われているのだから。
ニュースなども「AIによる自動選択放送で…」国会の答弁書 CM…
⑫子どもの頃、手塚治虫のマンガで、物は全て分子・原子でできているから、一旦、物を原子・分子に分解し、それを電気に乗せて相手方に送る。相手方は、送られた原子・分子を受信装置で組み立てて元のものにする。というのがあった。
 そうすれば、わざわざ、その物を持って届ける必要がなくなる。
ところが、事故や誰かが送電線を切ってしまったら、送られたものはどうなるのか?ましてや送るものが動物や人間だったら、命や魂はどうなっちゃうのか?子どもながらに考えさせられた。もうそういう時代になってきつつある。

⑬連日の猛暑、エアコンなしでは過ごせない。でも、大人は良いが、子どもにとっては、今身につけるべき暑さへの対応力がつかなくなってしまうのでは?AI君は、どう答えるか?
 私たち団塊の世代は、長生きで比較的若い。それはなぜか?戦後間もない子どもの頃、物資がなく、食べ物も少なく、遺伝子の中に「長生きするように」と刷り込まれてきているからでしょう。裕福で豊富な食べ物、快適な生活そんな中にばかりいたら、長生きはできない。でしょう?AI君?


⑭AI君に「美味しいお肉を考えてくれ」と頼んだら、「それは、お前だ!」と言われた。人間の肉に近い動物ほどおいしいのなら、人間そのものが一番おいしいということか。
⑮これからも地球の人口が増えていくと、AI君は、言うだろう「食料が足りない。太陽光を浴びて光合成ができる植物のように、皮膚に葉緑素を埋め込み、自分で自分の栄養は確保せよ。あるいは亡くなった人を無駄に火葬するな。干物にして食料にせよ。…こうして人類は、カエルのように緑色の肌となっていった。」さもありなん。


⑯AIさんが地球を支配したら、人の扱いはどうなるのだろうか?ただの動物扱いかな?厄介な奴らだと思うんだろうな。
⑰今は、AIに人間が組んだプログラムを与えているが、AIが独自で考えるようになるとどうなってしまうのか分からない。人間は、邪魔ものとしてまず最初に消されるかもしれない。
⑱時間と空間を超えて、宇宙開発にもっと使われるだろう。
⑲深海、あるいは地球内部の探索研究にも使われるだろう。
⑳医療分野でもっと活躍できる気がする。
㉑AIと生身の人とのハイブリット人間が出て来るかな?

※皆さんも機会があったら、AIについて考えてみませんか?
考えられることは、ほぼ実現するでしょうから…。

カテゴリー
パナシ

15,三匹のアマガエル

いいか、ついて来いよ。

 ふと立ち寄った公園のトイレの天井近くでのワンシーンです。

 「アハハ、いいものを見つけた。」目が釘付けになりました。

しばしいろいろ想像してみました。このカエルたちは兄弟?姉妹? 

 私は、上から一郎、次郎、三郎と名前を付けました。

一郎が「いいか俺について来いよ!」

「はーい」

「あれ?もうこれ以上は行けねえじゃないか。」

 それぞれ何と言っているのだろうか?やはり、トイレがしたくてここに来たのだろうか?

すると次郎が「お兄ちゃん、これでいい? おい、三郎もっとくっつけよ!」

三郎が「わかった。兄ちゃん、置いて行かないで!…ここで、おしっこしていい?」

次郎が「じゃあ俺もするぞ。」

一郎も「俺もするぞ。」そう言っているように思いました。

このまま三匹が同時におしっこをしたらどうなるでしょうか?

「カエルの面に小便」とはいうが見てみたいものですね。

皆さんは、どう感じましたか?

ついつい子供のカエルと思ってしまいますが、実は大人なんですね。子供は、お玉じゃくしですからね。

三匹のアマガエル😁

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル 

メンテナンスがコミコミの布団のサブスクサービス『 RAKUTON 』